症例:生活環境が変わったことによる耳鳴り(ピー)が2回の施術で出なくなった

●患者さま

30代男性 東京都

 

●発症から来院までの経緯

引越しによって生活環境が変わったことをきっかけに発症。シビアな仕事と時間に追われ勤務時間も増加。一気にストレスが溜まり、突然に数日続く耳鳴り(ピー)が起こった。すぐに耳鼻咽喉科を受診。聴力の低下はない。

数年前に突発性難聴から耳鳴りが起こったことはあったが、投薬と繰り返しの鍼灸治療で落ち着いていた。その後、ストレス、寝不足、肩こりが重なると、まれに耳鳴りが起こることはあったが短時間(数秒〜数十秒)で収まっていた。継続してメンテナンス治療を行なっていた当院に来院された。

 

●施術のポイント

ストレス反応(首肩こり、横隔膜の緊張)を取り除く

今回のような生活環境の変化による不調の場合はこれが最優先。

生活環境が変わることは大きなストレスになる。(ご本人にとって好ましい変化も、好ましくない変化も”身体的にはストレスが掛かっている”と捉える)自覚以上に神経が興奮し睡眠の質が下がってしまう。すると疲労が抜けずに蓄積。結果、耳の不調を引き起こす。

呼吸を深くして首肩こりの緊張を取る、同時に自律神経の乱れを整えるツボ複数の鍼をした。手足の冷え解消のために温めることも行なった。

 

●経過

計2回の施術(2週間の通院ペース)で耳鳴りの状態は落ち着いた。その間、耳鳴りは起こってない。患者さんが生活環境にも慣れてペースを掴んだことも大きい。状態の維持安定のために1ヶ月後の来院を予定して、経過を見ることとした。

 

”突発性難聴・耳鳴り” 症例についてもっと知りたい方はこちら

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次